2022/10/04~06 @ 沖永良部島

SUSTAINABLE TOURISM

沖永良部島

沖永良部島海洋ゴミ資源化サステナブルツーリズム事業

沖永良部島観光協会より沖永良部島海洋ゴミ資源化サステナブルツーリズム事業の体験造成業務委託をうけ、2022/10/04~06 鹿児島県の沖永良部島に事前調査にいきました。

沖永良部島は奄美群島国立公園にも指定された豊かな自然環境や地域固有の歴史・文化があります。

隆起珊瑚によりできた珊瑚礁の島、深い青色が美しい海には絶滅の危機にあるアオウミガメが生息しており産卵場所も見る事が出来ました。

一方海流の流れや台風の影響により海岸には海洋ゴミが漂着します。

サステナブルツーリズムとは

地域の文化や環境を守りつつ、地域の魅力を体感することで、旅行者と地域社会がともに恩恵を受ける観光

Sサステナブルツーリズム

観光客もビーチクリーン

漂着ゴミの問題が深刻化する中、5年間、「海の生き物を守る」をテーマに毎日ゴミ拾いを継続する子供達、「うじじきれい団」の活動が島民や行政にひろがり、自発的なビーチクリーン活動や行政主導による海岸清掃なども頻繁に行われ、今では旅行者も観光の一環としてビーチクリーン活動をしています。

海岸には海洋ゴミ専用のゴミ箱が設置されており、溜まったゴミは行政が引き取りに来る。未来のために官民が連携する理想の形を見る事が出来ました。

マイクロプラスチック拾いを体験

沖永良部島でマイクロプラスチックひろいを体験しました。5分と短い時間でしたが、多くのマイクロプラスチックをピンセットで拾いました。沖永良部島のマイクロプラスチックは唐津のものと違い劣化して白いものは石粒とほぼ見分けがつきませんでした。また青色のマイクロプラスチックが多かったです。

命のための、海のための、地球のための、青。うじじきれい団より

5年間くらい、海岸のゴミを拾っている。青いマイクロプラスチックが多いことに気がついた。青は 水中の生き物には見えない色だから、食べられないで、海岸までたどり着いたのではないか。そう思った。人がつくったものは、人のもとに戻ってきた方がいい。だから青いものを広める運動を。

Precious Plastic 海洋ゴミ問題

Precious Plastic × サステナブルツーリズム

今回の事業ではサステナブルな体験を望む旅行者の志向に合うようなコンテンツの造成です。沖永良部島を訪れる旅行者が島内でビーチクリーン活動を行う団体や個人とつながり、交流をしながら海洋漂着ゴミについて学び、プラスチックゴミをリサイクルするコンテンツとしてPrecious Plastic Okinoerabu Iland の設立を目指します。

編集後記

今回の事前調査をアテンドしていただいた、沖永良部観光協会様、株式会社Oldie-village 様、一般社団法人UP HOME WORKs様、またPrecious Plastic 機械を製造していただける有限会社 坂元鉄工所様、大変お世話になりました。

次回、訪島のときはまたよろしくお願いいたします。

うじじきれい団の活動には感銘を受けました。唐津でもいかせる部分が多々あったので参考にしていきたいと思います。

NPO法人唐津FARM&FOOD一同

うじじきれい団

Okinoerabu Sustainable Tourism Project

We were commissioned by the Okinoerabu Island Tourism Association to create experiences for the Okinoerabu Island marine debris recycling sustainable tourism project, and went to Okinoerabu Island in Kagoshima Prefecture from October 04 to 06, 2022, to conduct preliminary research.

Okinoerabu Island is designated as an Amami Islands National Park and has a rich natural environment and a history and culture unique to the region. The island is an island of coral reefs created by uplifted corals, and the beautiful deep blue sea is home to endangered green turtles, and we were able to see their egg-laying sites.

On the other hand, ocean currents and typhoons cause marine debris to wash ashore. While the problem of debris drifting ashore is becoming increasingly serious, the activities of the "Ujiji Jireidan," a group of children who have been picking up trash every day for five years under the theme of "protecting marine life," have spread among islanders and the local government, and voluntary beach cleanup activities and government-led beach cleanups are frequently conducted. Tourists now also participate in beach cleanup activities as part of their sightseeing.

Trash cans dedicated to marine debris are placed on the beaches, and the government comes to pick up the accumulated trash. We were able to see an ideal form of cooperation between the public and private sectors for the future. In this project, we are building content that will fit the orientation of travelers who want to have a sustainable experience.

We aim to establish "Precious Plastic Okinoerabu Island" as a content to recycle plastic waste by connecting visitors to Okinoerabu Island with organizations and individuals who conduct beach cleanup activities on the island and learn about marine debris while interacting with them.

We would like to thank Okinoerabu Tourism Association , Oldie-village , UP HOME WORKs, Ujiji Reidan , and Precious Thank you very much to Sakamoto Tekkosho Ltd. who manufactures plastic machines. We look forward to working with you again the next time we visit the island. We were very impressed with the activities of the Ujiji Reidan.