唐津 SDGs

Karatsu SDGs

唐津SDGs

KARATSU SDGs PROJECT

NPO法人唐津FARM&FOODは、唐津市の支援を受け、同市のが推進する環境調和のまちづくり事業の一環として 『PRECIOUS PLASTIC 唐津 』を立ち上げ、独自の地域で出たプラスチックゴミを中心としたプラスチックの地域循環システム構築プロジェクトを開始します。

SDGsとは?

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2030年までに持続可能でよりよい世界の構築を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

SDGs

海に流出するプラスチックを回収しリサイクルすることで唐津の海の豊かさを守ります

SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」が掲げられ、世界中で海洋ごみ問題を減らす取り組みがなされてきましたが、国だけではなく私たちが意識して行動することが必要です。 プラスチックは便利ですが、大量に消費すればそれだけ廃棄されるごみも増えることになります。

生活の中でプラスチックの使用を減らせる方法や、適切な廃棄ができる方法、リサイクルができる方法などを理解して海洋ごみの問題について知り、海洋ごみを減らせるよう一人ひとりが取り組むことがより良い環境につながります。

Precious Plastic 唐津の目標

Precious Plastic 唐津は唐津の海洋プラスチックごみをはじめとしたプラスチック廃棄物管理の改善を通じて、きれいな街の実現、海洋環境の保全に向けた取り組みを推進し、SDGs(持続可能な開発目標)11、12、14に貢献します。

ESD マイクロプラスチック

唐津でESDワークショップを開催予定 2021年10月

ESD とはEducation for Sustainable Development の略で日本語では「持続可能な開発のための教育」と訳されます。内容として

  1. 環境教育
  2. エネルギー教育
  3. 世界遺産や地域の文化財等に関する教育
  4. 国際理解教育
  5. その他の関連教育

の5つの柱が掲 げられ,持続可能な開発に必要な知識,価値観,行動等についての教育を行うものです。2019年12月に国連で採択された「ESD for 2030」に明記されるように、ESDはSDGsの推進基盤であり、また目標達成に不可欠な実施手段です。

唐津の海に漂着する海洋プラスチックゴミの回収からクリエイティブに再生するまでの一連の作業と、プラスチックゴミからマイクロプラスチックになる過程や漂着ゴミの環境への弊害を解説した「環境教育プログラム」を作成し.持続可 能な開発に関するワークショップの実施を考えています。